空き家改修事業でオリジナルキッチンをデザインしました。
ゴムの木の集成材を使って、完全オーダーメイドキッチンです。
施工(木肌のぬくもり社)

家電が収納できるキッチン

このキッチンには、炊飯器とオーブンレンジが収納できます。
炊飯器は、左上のスペースに収納できて、引出式にしてあります。
炊飯器は炊飯時に蒸気をだすため、収納したままだと蒸気が当たる上の部分が傷みやすくなってしまいます。
そのため、使うときは引き出しを引っ張って使ってもらえるようにしました。

オーブンレンジは、シンクとコンロの間の大きなスペースに収納できます。
コンセントもついています。
使うときにしゃがまなければいけないため、低い位置に収納するのがいやだという人もいるかと思いますが、この家ではできるだけ収納家具を持ち込まず、シンプルな生活ができるようにデザインさせてもらいました。
住む人次第で、デザインは変わってきます。

最近はオーブンレンジの機能がすごくいことになってきて、同時に複数の料理を作れるオーブンも登場していますよね。
その機能向上に伴い、サイズも大きくなってきているように思います。
収納スペースを考える際は、そういった家電のサイズに注意しましょう。

また、オーダーする際は、今持っているものにピッタリで作ってもらおうと思う方もいるかもしれませんが、家電はいつか壊れます。
いつか買い替えることを考えて、余裕を持ったサイズにしてもらいましょう。
普段の掃除も、余裕があったほうが手が入りやすく、奥まで掃除しやすいですよ。

珍しいキッチンパネルの天板

このキッチンの天板は、キッチンパネルを活用しています。
キッチンパネルは、一般的にはコンロまわりや水まわりの壁に貼り、汚れがついても拭き掃除がしやすいようにツルツルしている素材です。

今回は、このキッチンパネルの黒を選択し、集成材に貼りつけることで天板を作りました。
予算と加工のしやすさを優先し、キッチンパネルを天板に選択しました。

天板に求める機能としては、汚れをふき取りやすい、傷がつきにくい、熱に強いというところです。
キッチンパネルは、汚れと傷はクリアしています。
ただし、熱には強い素材ではないため、熱い鍋を直接置くような使い方は避けたほうが良さそうです。
変色などの危険性があります。
この注意は、天板として人気のある人造大理石にも言えることです。

予算がないなら知恵を出せ

家づくり・リフォーム・リノベーションなどどれも生活を豊かにすることを目指して行うのですが、
そこには必ず予算という壁が立ちはだかります。
その予算の壁を乗り越えるためには、知恵を出せばいいです。

キッチンの天板には、ステンレスか人造大理石を使わなければいけないという常識も、ちょっと柔らかく考えて、それと同じような機能を持った素材であればいいと考えてみました。
そこに住む人が良ければ、それでもいいのです。

部屋にはドアがなければいけない。とか、天井には板を貼っていなければいけない。とかそういった常識を柔らかく考え直すと、予算の壁を越えて、理想の生活を手に入れることができるかもしれませんよ。