ピクニックテーブルをデザインしました。
アウトドアで使えます。

テーブル・イス・人数に合わせてカスタマイズ

ポイントは、使うシチュエーションや人数に合わせて、天板の大きさや座れる人数を調整できるところです。
天板と座面は11本の木を上下どちらかに並べてつくるようになっているため、
すべて上に並べると大きなテーブル。
上の写真のように、片側にイスをつくることもできるし、
両側にイスをつくると、向かい合って座ることができます。

木の裏には、ずれないように溝を掘っています。

A形ソーホース

テーブルやイスを支えるのは、このA形のソーホース。
馬とも呼ばれ、大工さんが作業する台を支えるなど簡単なテーブルに使われることが多いです。
今回はAの形にデザインしました。
施工はワークショップだったため、素人でも作りやすいよう、ラフにビス止めです。

市販のツーバイフォー材でも真似しやすいと思います。
サイズも自由に変えてカスタマイズしてみてください。
キッズ用として、小さいものを作ってもかわいいですね。
自宅の庭に置いてみてください!